TOP > ジフルカンはどう作用するのか

カンジダの具体的な症状や、治療薬となるジフルカンがどのように作用し、効果を発揮するのかをご説明いたします。

カンジダの症状とジフルカンの作用

カンジダ症ってどんな病気?

カンジダを調べていた女性

ジフルカンはカンジダ症治療にかせない抗真菌薬となっていますが、そもそもカンジダ症とはどんな病気なのでしょうか。

冒頭でも簡単には説明しましたが、カンジダ症の原因となるカンジダ菌は女性の体内に常駐している菌ですので、女性の方は特に気をつけておかなければいけない真菌症となっています。

カンジダ菌は最初から悪い菌というわけではなく、どれだけ健康な女性であっても絶対に持っている菌です。

カンジダ菌が常駐している場所は性器の粘膜やその周辺ですので、カンジダ症としてよく報告されているのは「膣カンジダ症」になります。

ふだんはカンジダ菌が身体に悪影響を及ぼすことはないのですが、体調不良や乱れた生活習慣、ストレスなどによって女性の免疫力が低下してしまうことでカンジダ症を引き起こす恐れがあるのです。

妊娠中などは特に免疫力が低下しやすくなっているため、カンジダ菌が増殖しやすいと言われています。

そのため、カンジダ症は他の感染症と違い、自己感染での感染が多くなっています。

ほとんど女性特有の病気と言ってもいいのですが、だからといって男性も油断はできません。

一般的にカンジダ菌が性行為によって感染することは少ないと言われていますが、100%感染しないというわけではありません。

数%という極めて低い確率ではありますが、性行為をした際に女性から感染してしまうケースもあるのです。

ただ、男性の場合は性器が外に出ているため洗いやすく、入浴時にしっかり洗浄しておけば感染する心配はほとんどなくなるでしょう。

カンジダ症によってどんな症状が起こるのか

カンジダを考えていた女性

では、もしカンジダ症になってしまった場合、どんな症状が出るのでしょうか。

最も多いのは「乾いたオリモノが増える」「膣内もしくは外陰部に強烈な痒み」の2つです。

また、症状が悪化してしまうと炎症などに発展してしまうことがあり、我慢できないほどの痛みをともなうケースもあるので注意が必要です。

感染率が極めて低いとはいえ、男性が発症した場合の症状も確認しておきましょう。

とは言ったものの、実は男性が感染しても目立った症状が出ることはありません。

痒みや痛みを発症することがないため、男性がカンジダ症に感染してしまったとしても気づかないことが多いのです。

そのため、カンジダ菌に感染している男性から女性へと移してしまうというケースも少なくありません。

先ほども言いましたが、男性の場合は入浴時にしっかり洗っておけばカンジダ菌を流すことができますので、常に清潔感を保っておきましょう。

ただし、仮性包茎な男性の場合、亀頭と包皮の間にカンジダ菌が侵入してしまうとキレイに洗い流すことが難しくなり、その間に増殖を許してしまう可能性があるので注意が必要です。

また、カンジダ菌は女性が常に持っている菌ですので、免疫力が低下やホルモンバランスが乱れるたびに再発を許してしまう可能性があります。

少しでも再発頻度を減らすためにも、日常的に予防策をとっておくことが重要でしょう。

カンジダ菌は湿気の多い場所を好むため、女性の膣内というのは絶好の繁殖場所になっています。

そのため、通気性の良い下着を着用するなり、入浴後はしっかり乾かすなりして少しでもカンジダ菌が繁殖にしにくい乾燥した状態を作ってあげることが重要になってきます。

口腔カンジダ症とは

カンジダについて説明する女医

一般的にカンジダ症というと膣カンジダ症なのですが、実はカンジダ症が起こる場所は性器やその周辺だけではありません。

口内に感染することもあり、そこで発症したカンジダ症を「口腔カンジダ症」と言います。

ただ口の中にカンジダ菌が侵入した程度では発症しないのですが、そのカンジダ菌が異常繁殖してしまうことで口腔カンジダ症を引き起こしてしまうのです。

そのため、日頃からカンジダ菌が繁殖できない口内環境をつくっておくことが大切になります。

では、その予防策としてどんな方法があるかですが、最も重要なのは口内を清潔な状態で保っておくことです。

ただいつも通りに歯を磨くだけではなく、歯間ブラシなども使って徹底的に磨いておくことをオススメします。

また、どれだけの人がしているかはわかりませんが、舌磨きもカンジダ菌の繁殖を防ぐためには有効な手段となりますのでぜひやってみてください。

ちなみに、最近増えている口内洗浄のための医薬品ですが、こちらもカンジダ菌の繁殖防止に有効です。

ただ、だからといって使いすぎてしまうと逆に口内を荒らしてしまう可能性があるため、用法用量に沿って正しく使用するようにしてください。

ジフルカンがカンジダ菌にどんな効果を発揮するのか

ジフルカンの効果を説明する医者

ジフルカンの効果説明やアゾール系の特徴でも簡単に説明しましたが、ジフルカンはカンジダ菌に対して高い殺菌作用を発揮してくれます。

ジフルカンに含まれているフルコナゾールがカンジダ菌の増殖を抑えてくれますので、それにともなってカンジダ症の症状も緩和・治療してくれるのです。

フルコナゾールは心筋細胞膜の合成を阻害する働きがあることから増殖を防いでくれるのですが、もし免疫力が低下していたとしてもこの効果は発揮されるので安心してください。

体内への吸収も良いため、比較的早い段階でその効果を実感できるでしょう。

フルコナゾールはカンジダ菌だけではなく、クリプトコッカスという真菌に対しても高い殺菌作用を持っていますよ。