TOP > カンジダ症の原因はなに?

カンジダの発症原因は性感染だけではありません。体調不良や服用している薬に原因がある場合があります。

カンジダ症の原因

カンジダ症はなぜ発症するのか

カンジダ症について説明する女医

カンジダ症は女性ならいつ発症してもおかしくはない病気です。

実際、とある調査によれば5人に1人はカンジダ症を経験したことがあるといいます。

女性にとっては「知らなかった」では済まされない病気ですので、改めてカンジダ症が発症する原因やそのメカニズムを詳しく見ていきましょう。

まず何度も言いますが、カンジダ症の原因となっているカンジダ菌は女性の体内に潜んでいる常駐菌です。

主に性器の粘膜や消化管に滞在していることから、膣カンジダ症を引き起こす事例が多くなっているのです。

膣カンジダ症が起きた場合、当然患部は膣内や外陰部といった性器周辺になるのですが、性器周辺に症状が出る感染症と言えば性感染症をイメージする人が多いのではないでしょうか。

男性から女性へ、もしくは女性から男性へ、性行為を感染経路として菌が感染してしまい、その結果両者に発症することもある感染症です。

膣カンジダ症も性行為によって男性から女性へと感染するケースがあるのはあるのですが、その事例は極めて稀です。

カンジダ菌は女性が常に保有している菌だということから、カンジダ症は女性の自己感染によって発症することがほとんどなのです。

では、なぜ常駐菌であるカンジダ菌を常に体内に持っていながら、突然カンジダ症を引き起こしてしまうのでしょうか。

免疫力の低下による発症

カンジダ症について学ぶ女子

カンジダ菌は女性の体内に常駐している真菌ですが、常に女性の体へ悪影響を与えるというわけではありません。

ふだんはまったく害のない真菌であるため、カンジダ症の症状を引き起こすことはありません。

しかし、特定の状況に陥ってしまった場合、カンジダ菌が繁殖してカンジダ症を引き起こしてしまうのです。

その状況というのが「免疫力の低下」です。

ふだんは一定の免疫力を持っていることから、カンジダ菌が体内に潜んでいても悪影響は出ません。

しかし、免疫力が低下してしまうとカンジダ菌の悪玉菌が増殖してしまい、善玉菌よりもその数が多くなってしまった場合にカンジダ症を発症するのです。

では、免疫力が低下するタイミングはいつなのでしょうか。

最も多いのが体調不良やストレスによる免疫力の低下です。

ストレス社会と呼ばれる現代において、働いている女性は日常生活や職場で連日かなりの疲労・ストレスを蓄積しているかと思います。

もちろん専業主婦として生活している女性も同じで、日常生活で感じる疲労・ストレスは多いでしょう。

こうした疲労・ストレスが蓄積されたままになってしまうと次第に免疫力が低下してしまい、カンジダ菌の増殖を許してしまうのです。

次に多いのがホルモンバランスの乱れによる免疫力の低下です。

女性は男性に比べ、妊娠や月経がある分、体内のホルモンバランスが変化しやすくなっています。

ふだんは酸性の粘膜で守られている膣内も、妊娠や月経などによってホルモンバランスが乱れてしまうと、膣粘液が正常に働かなくなり、カンジダ菌の善玉菌が減ってしまうのです。

それによって悪玉菌が増殖しやすくなり、カンジダ症を引き起こしやすくなってしまうのです。

医薬品の影響による発症

医薬品の影響で発症することも

カンジダ症を引き起こしてしまう原因の多くは免疫力低下によるカンジダ菌の増殖なのですが、他にも原因はあります。

それが抗生物質の服用による発症です。

抗生物質とは、病気の原因となっている菌の殺菌や増殖抑制によって感染症を治療してくれる医薬品のことです。

細菌やクラミジア感染が疑わしい場合などに処方されることが多くなっています。

そんな抗生物質を服用すると、他の感染症は治療できても、カンジダ症を誘発してしまう可能性があることを覚えておきましょう。

なぜ抗生物質の服用によってカンジダ症が起きてしまうのか、ということですが、これは抗生物質が細菌などと一緒にカンジダ菌の善玉菌まで殺菌してしまうからです。

これによって悪玉菌が増殖しやすい環境になってしまい、抗生物質を服用してから1週間ほどしてカンジダ症を引き起こすという事例が多くなっているのです。

抗生物質は本来なら感染症治療のために欠かせない医薬品なため、安心して使用している方がほとんどでしょう。

しかし、こういった危険性も秘めているため、利用時は特に注意し、もしカンジダ症の症状が出た場合は医師に相談するなりして迅速に対処するようにしてください。

妊娠時もカンジダ症に注意しよう

妊婦

女性が特に気をつけなければいけないのが妊娠時です。

妊娠は女性だからこその現象で、新しい命の誕生には欠かせないものです。

しかし、先ほども言いましたが、妊娠している期間中は体内のホルモンバランスが著しく乱れてしまいます。

ホルモンバランスの乱れによって免疫力が低下してしまえば、それだけカンジダ症を引き起こしやすくなってしまうのです。

妊婦さんとなった女性のうち、3人に1人がカンジダ症を引き起こしてしまうと言われているほどその発症率は高くなっています。

また、妊娠中のカンジダ症は、我が子への影響も心配ですよね。

カンジダ症が長引いてしまうと胎児への悪影響も考えられますので、もしカンジダ症の疑いがある場合は治療薬を用いて早めに治療するようにしましょう。

それに加え、ヨーグルトを食べるなどしてイースト菌を多めに摂取することで、カンジダ菌に強い体作りをしておくのも有効でしょう。