カンジダ菌には抗真菌薬のジフルカンが有効です。ジフルカンの効果や副作用、お得な通販での購入についてご案内します。

カンジダ症に有効なジフルカン

真菌症ってどんな病気?

悩んでいる女性

ウイルス感染による病気・症状にはさまざまなものがあります。

私たちに最も馴染み深いのは「風邪」でしょう。

正式な名前は「風邪症候群」というもので、これはウイルスが粘膜に感染して炎症を引き起こしている状態のことです。

この炎症によって鼻水が止まらなくなってしまったり、喉に痛みを感じたり、発熱したりとさまざまな症状を引き起こしてしまうのです。

このように、特定のウイルス・菌が人体に感染することで起こる病気はいくつもあるのですが、その中のひとつに「真菌症」と呼ばれる病気があります。

真菌症は真菌が感染することで起こる病気なのですが、真菌症と一口に言ってもその種類は多種多様。

白癬(はくせん)やクリプトコッカス症、アスペルギルス症など、おそらくふだんみなさんがあまり聞いたことのない名前ばかりだと思います。

このように聞きなれない症状が多い真菌症の中でもぜひとも覚えておいていただきたい真菌症があります。

それが「カンジダ症」と呼ばれるものです。

もしかすると、カンジダ症は聞いたことがあるという方もいるかも知れません。

テレビを見ていればコマーシャルや医療系の番組で取り上げられることもあるので、聞いたことがあるという方も多いでしょう。

口腔カンジダ症や性器カンジダ症など種類があるのですが、特に女性の方々には常に警戒しておいていただきたい真菌症となっています。

カンジダ菌による「カンジダ症」とは

憂鬱な気分の女性

カンジダ菌によって発症する危険のあるカンジダ症。

男性ならカンジダ症を知らなかったとしてもこれから覚えていけばいい話ですが、女性の場合は知らなかったでは済まされない事態になりかねない感染症となっています。

感染症の原因となるウイルスや細菌は、外部から人の体内に侵入してくることがほとんどです。

では、カンジダ菌はどこから侵入してくるのか。

実は、カンジダ菌というのは元々人の体内に生息している菌であり、特に女性の体内に多く生息しています。

とはいえ、これは常に女性が悪い菌を持ち歩いているというわけではありません。

平常時はカンジダ菌がカンジダ症を引き起こすことはないのですが、さまざまな出来事がきっかけでカンジダ症の原因になってしまうのです。

そのため、カンジダ症のほとんどが自己感染となっており、女性であれば5人に1人がカンジダ症を経験しているという結果が出ています。

特に20代女性の患者が多くなっており、歳を重ねるにつれて感染報告は減少傾向にあります。

男性はほとんどカンジダ症にかかることはないのですが、免疫力が低下している時期などの性行為によって感染するケースもないとは言い切れませんので注意しましょう。

ただ、圧倒的に女性感染者の多い病気になっていますので、女性の方は特にカンジダ症やその対策法を学んでおくべきでしょう。

カンジダ症治療には「ジフルカン」

ジフルカン

年々医療技術は発達しており、今ではかなり幅広い病気・症状を治療薬ひとつで完治させることができるようになっています。

新しい有効成分の開発によって治療できる病気・症状の幅が広がっていますし、安全性もどんどん高まっていることから安心して薬物療法に臨むことができます。

カンジダ症は女性なら結構な割合の方が1度ならず2度3度と体験する感染症なのですが、このカンジダ症に効果的な医薬品も開発されているので安心してください。

カンジダ症治療に効果的だとされている医薬品の中から、今回紹介するのは「ジフルカン」という抗真菌薬です。

日本ではジフルカンという名前で流通していますが、本来の名前は「フルコナゾール」と言います。

大手製薬会社でもあるファイザー社が開発・販売している医薬品で、この点においても信頼できる医薬品と言えるでしょう。

世界的にも名の知れた製薬会社「ファイザー社」

ファイザー社ビル

医薬品の開発・販売をおこなっている製薬会社は世界中に多数存在していますが、その中でも有名な大手製薬会社といえばファイザー社でしょう。

アメリカのニューヨーク州に本社があり、2013年には医薬品売上世界No,1という記録を残しています。

ファイザーには日本法人もあり、東京の渋谷区にその本社があります。

もしかするとみなさんも見かけたことがあるのではないでしょうか。

1983年からは完全にアメリカのファイザー社の子会社となり、社名もファイザー製薬株式会社に変更されています。

ファイザー社が開発した医薬品といえば世界初のED治療薬「バイアグラ」が最も有名で、バイアグラは販売当時から今に至るまで、世界中のED患者から愛されている医薬品となっています。

カンジダ症治療に効果的なジフルカンも、このファイザー社から販売されている医薬品ですので、安心して使用することができるでしょう。

ジフルカンの効果

ジフルカンの効果を説明する医者

では、実際にジフルカンがどんな効果を持っているのかを確認していきましょう。

ジフルカンは真菌を原因とした真菌症治療に用いられる抗真菌薬です。

ジフルカンの主成分はフルコナゾールというもので、このフルコナゾールがカンジダ症の原因となっているカンジダ菌に対して高い殺菌作用を発揮してくれるのです。

諸悪の根源であるカンジダ菌を殺菌することにより、カンジダ症によってあらわれた症状を緩和・治療してくれるのです。

また、造血幹細胞移植患者の深在性真菌症の予防や膣炎・外陰腟炎の治療にも役立ってくれますよ。

抗真菌薬にはいくつか種類があり、ジフルカンはアゾール系と呼ばれる種類に該当します。

他の種類としてはポリエン系やフロロピリミジン系などがあるのですが、これらに比べるとアゾール系は副作用によるリスクが少ないという特徴があります。

もちろん真菌症に対する効果は申し分ないため、安心安全に使用できる抗真菌薬と言えるでしょう。

ただ、カンジダ症以外の真菌症治療をする場合はアゾール系が適さないケースもあるため、いくら信頼できる抗真菌薬だとはいえ、必ず病気・症状に合った抗真菌薬を選択するようにしてください。

ジフルカンの特徴

ジフルカンのパッケージ

ジフルカンは抗真菌薬の中でも副作用の心配が少なく、それでいて充分な殺菌作用を発揮してくれる医薬品となっています。

安心して使用できる医薬品というのも大きなポイントなのですが、その形状にも特徴があるので覚えておきましょう。

一般的に医薬品の形状というとみなさんは何をイメージしますか?

おそらくよく見る医薬品は錠剤タイプのものが多いかと思います。

しかし、中には錠剤の服用が苦手だという人もいるでしょう。

そんな方々には朗報になるかと思いますが、ジフルカンはカプセルタイプ、ドライシロップタイプ、静注液タイプの3種類があり、その形状を好きに選択することができるのです。

錠剤やカプセルの服用が苦手だという方はドライシロップタイプのジフルカンを服用するなど、自身が服用しやすい形状のもので治療を進めることができますよ。

基本的にはどの形状を服用しても同じ効果を発揮してくれるので問題はないのですが、ひとつだけ気をつけておかなければいけないことがあります。

ジフルカンの効果を紹介した際、膣炎や外陰腟炎の治療にも効果があると言いましたが、これに関してはカプセルタイプのジフルカンのみが効果的になっていますので、その点だけは気をつけてください。

ジフルカンの用法用量

ジフルカンを服用する女性

ジフルカンはカンジダ症治療に効果的な医薬品ではあるのですが、その効果を最大限に発揮してもらうためにはみなさんが正しい方法で服用しなければいけません。

どんな医薬品にも用法用量というものが定められており、その指定されている方法通りに服用していかなければ、医薬品が持つ効果を最大限に発揮させることはできないのです。

用法用量に規定されている容量・回数よりも少なく服用してしまってはもちろん効き目が不十分になってしまいますし、逆に規定されているものよりも多く服用してしまうと逆に効き目が強すぎて身体に悪影響を与えかねません。

安全かつ最大限に効果を得るためにも、必ず医薬品は定められた用法用量の通りに服用していくようにしてください。

では、ジフルカンの用法用量はどうなっているのかを見ていきましょう。

ジフルカンは原則としてカンジダ症治療に用いられることがほとんどです。

しかし、ジフルカンはカンジダ症以外にもクリプトコッカス症の治療にも有効です。

そのため、カンジダ症を治療するのかクリプトコッカス症を治療するのかによって、用法用量が変化するので注意してください。

カンジダ症の治療でジフルカンを服用する場合、1日1回、50~100mgの服用となります。

クリプトコッカス症の治療でジフルカンは服用する場合、1日1回という制限は同じですが、1日の服用可能な容量が50~200mgとなっています。

どちらの治療目的で服用するのかによって、1日に服用する容量を変えるようにしましょう。

また、造血幹細胞移植患者の深在性真菌症予防の場合は1日1回400mgを、膣炎や外陰腟炎治療の場合は150mgを1回服用することになります。

こちらも覚えておけば、いざというときに役立つかもしれませんよ。

ジフルカンの副作用

ジフルカンの副作用を感じている女性

もしカンジダ症やクリプトコッカス症を引き起こしてしまった場合であっても、早い段階から正しい服用方法でジフルカンを服用していけば安心安全に治療をすることができるでしょう。

しかし、どんな医薬品でも同じことですが、医薬品を服用することで予期せぬイヤな症状が出てしまうことがあります。

いわゆる副作用ですね。

各医薬品は特定の病気・症状の治療を目的に開発されており、含まれている有効成分のはたらきによってその病気・症状を抑えることができます。

その一方で、ふだん人体には馴染みのない成分を摂取することにより、マイナスな効果を発揮してしまうこともあるのです。

そのため、どれだけ正しい方法で医薬品を服用したとしても副作用が生じることはあります。

ジフルカンにも副作用はいくつか報告されており、その中でも報告数の多い症状が下痢、吐き気、発疹、発熱、むくみです。

とはいえ軽度な症状で治まることも多く、その場合はそこまで神経質に気にする必要はないでしょう。

しかし、もし何日間もこうした副作用が起き続けている場合、ジフルカンが体質に合っていない可能性があります。

その場合はジフルカンの服用を中止し、迅速に医師に相談すべきでしょう。

また、ジフルカンによる副作用はこうした軽度な症状ばかりではありません。

場合によっては血管浮腫や口内炎、食欲不振や倦怠感などが出ることも…。

これらの症状は放置しておくとかなり危険な症状へと発展する可能性があるため、こうした副作用が起きた場合も服用を中止してすぐ医師に相談するようにしてください。

今回紹介した副作用以外にもジフルカンによる副作用はあります。

もしジフルカンを服用して以降、何らかの症状が出たもののそれが副作用なのかどうかわからないという場合、やはり医師への早めの相談がカギとなります。

ただ、先ほども言いましたが、アゾール系の抗真菌薬であるジフルカンは他の抗真菌薬よりも遥かに副作用が出にくくなっています。

副作用の報告はありますが、その数はかなり少なくなっていますので、そう心配することもないでしょう。

とはいえ、油断して誤った方法で服用してしまうと危険ですので、服用時は必ず用法用量を守るようにしてください。

併用禁忌薬には充分注意しよう

併用禁忌薬への注意を促す医者

ジフルカンの服用によって副作用が起こる可能性は非常に低くなっており、仮に起こったとしても吐き気や下痢といった症状がほとんどでしょう。

もちろんこれらの副作用も決して良いものではありませんが、軽度な副作用となっているため、数日で解消されるはずです。

こうした軽度の副作用であれば、先ほども言ったように正しく服用していても起こる可能性はあります。

しかし、重度の副作用の場合、よっぽどのことがない限りは発症しないと考えていいでしょう。

定められた用法用量に沿って正しく服用していれば、なおのこと安心感は増すはずです。

ですが、仮にどれだけ正しくジフルカンを服用していたとしても、危険な副作用が起こってしまうケースがあります。

それが併用禁忌薬に指定されている医薬品と併用してしまった場合です。

併用禁忌薬というのは飲み合わせの悪い医薬品のことを指します。

「飲み合わせが悪い」と言うと、まだなんだか可愛く思えたりもしますが、併用禁忌薬との併用は本当に危険な行為なので注意してください。

もし併用禁忌薬との併用をしてしまった場合、互いの医薬品が持つ効果が薄れてしまうほか、重度の副作用が生じてしまう危険性もあります。

場合によっては命に関わるような副作用が起こる場合もありますので、併用禁忌薬との併用は絶対に避けましょう。

もし、すでに何らかの医薬品を毎日服用しており、それがジフルカンの併用禁忌薬かどうかわからないという場合は、まず医師に相談してから服用するようにしましょう。

特に睡眠薬として有名なハルシオンは注意が必要で、ジフルカンの併用禁忌薬に指定されているので注意しましょう。

ジフルカンには併用注意薬もある

錠剤のシート

併用禁忌薬は絶対に併用してはいけない医薬品の飲み合わせを指しています。

そんな併用禁忌薬とは別に、医薬品には併用注意薬というものもあります。

併用禁忌薬と併用注意薬は違うものですので、ジフルカンの服用を考えている人もそうでない人も、ぜひこれを機に知っておくようにしましょう。

名前からも大体想像がつくとは思いますが、併用禁忌薬が「絶対に併用してはいけない組み合わせ」を指しているのに対し、併用注意薬は「併用する場合は注意深く慎重にしなければいけない組み合わせ」を指しています。

つまり、併用注意薬の場合は、注意して慎重に取り扱っていれば併用してもかまわないのです。

ただし、併用注意薬は併用しても安心安全というわけではないため、もし併用によって副作用などの悪影響が出た場合は、すぐに両者の服用を止め、医師に相談するようにしてください。

ジフルカンの併用注意薬に指定されている医薬品の中で有名なものだと、女性が避妊をする際に服用する経口避妊薬などがそれに該当します。

もちろん、併用禁忌薬にしても併用注意薬にしても、他にもジフルカンとの併用を注意しなければいけない医薬品はたくさんあります。

必ず事前に確認したうえでジフルカンを服用するようにしてください。

ジフルカンの購入方法

医療機関から処方してもらう

ジフルカンを処方する医者

もし万が一カンジダ症にかかってしまった場合、みなさんはどのように治療するでしょうか。

風邪や頭痛のような軽い症状なら自宅で自然治癒を目指す人や、市販の医薬品を服用して治療をする人も多いでしょう。

しかし、カンジダ症のような感染症の場合、これらの方法で治るものではありません。

放置してしまえばどんどん症状は悪化していき、取り返しのつかない事態に陥ってしまう危険もあります。

そこで、おそらくカンジダ症に気づいた段階で医療機関へ相談に行く人がほとんどなのではないでしょうか。

カンジダ症治療は婦人科や産婦人科、もしくは性病科へ行くことで診察や検査を受けることができます。

膣や外陰部の様子を診たり、膣鏡を使ってオリモノの様子を確認することになるでしょう。

女性からすれば恥ずかしい検査内容かもしれませんが、カンジダ症の疑いがある以上は四の五の言っている場合ではないので我慢しましょう。

もしこれらの検査を経てカンジダ症だと判断された場合、カンジダ菌を抑えるための抗真菌薬が処方されます。

このとき、医療機関によってはジフルカンが処方されることもあるでしょう。

このように、医薬品の購入は基本的に医療機関から処方してもらうことがほとんどかと思います。

特に処方箋医薬品に指定されている医薬品を購入する場合、医師から渡された処方箋が必要になるため、医療機関への通院は必須となります。

とはいえ、私たち人間の病気やその治療に関する専門家の判断で治療が進んでいくため、安心感は言うまでもないでしょう。

カンジダ症の治療はだいたい1週間程度で済みますので、治療期間中は正しく抗真菌薬を服用しながら完治を目指しましょう。

ただ、安全性は抜群なのですが、医療機関からの処方にはデメリットに感じる部分もあると思います。

例えば、すぐに通院できる状態にない場合や、経済的な余裕がそこまでない場合、通院そのものが難しくなってしまいます。

また、女性なら誰しもがふだんから体内に持っているカンジダ菌ですが、そのことを知らない人だと性感染症にかかってしまったと勘違いしてもおかしくありません。

それによって、「恥ずかしい」という気持ちが強くなってしまい、医師にすら相談したくないという人もいるくらいなのです。

通販サイトでネット注文もできる

スマホサイトで注文する女性

処方箋医薬品に指定されている医薬品を購入したい場合、おそらく100%に近い人が医療機関への通院を考えるかと思います。

処方箋を持っていることが必要条件になるため、医師から処方箋を受け取らなければいけないからです。

しかし、最近では処方箋なしでも簡単に医薬品を購入できる方法が登場し、すでに多くの人がその方法で好きな医薬品を購入しているってご存知ですか?

その方法というのが、通販サイトを使ってネット上で注文してしまうことなのです。

おそらくふつうの人なら危険なサイトではないのかと不審に思うことでしょう。

しかし、この通販サイトはみなさんがふだん利用している通販サイトとは少し違います。

これは個人輸入代行サイトとも呼ばれており、海外から輸入した医薬品のみを販売した専門的な通販サイトなのです。

処方箋がなければ購入できない、というのはあくまでも日本国内での決まりです。

同じ医薬品であっても、海外で販売されているものには海外のルールが適用されるため、処方箋が必須という日本での決まりは一切関係なくなります。

また、法的にも個人の利用目的であれば、海外から医薬品を個人輸入することが許されているため、この通販サイトで販売されている海外製の医薬品をネット注文したとしても、そこに違法性が生まれることはありません。

品質に関しても安全で、通販サイト内で販売されている医薬品は、成分鑑定によって正規品だと判断されたものばかりです。

安心して服用できるようになっているので心配無用なのです。

通販サイトでの購入ならとにかく安い

通販サイトでお得感を感じている女性

ジフルカンを購入する方法は2つ。

産婦人科などの医療機関へ行き、診察・検査を受けた後に処方してもらう方法。

そしてもう1つが個人輸入代行サイトと呼ばれる通販サイトを利用してネット注文する方法です。

今までの感覚で言えば医療機関から処方してもらうのが当然の購入方法ですし、安全性も抜群ではあります。

ただ、その他の点において、医療機関からの処方はデメリットに感じる部分も多いのです。

医療機関からの処方によって医薬品を購入する場合のデメリットは、先ほど簡単に紹介しました。

その中でもみなさんにとって大きな負担となりかねないのが、金銭的な問題ではないでしょうか。

ジフルカンを医療機関から処方してもらう場合、通院してすぐに受付で渡してもらえるわけではありません。

ジフルカンを処方してもらうためには、まず診察や検査を受けなければいけないのです。

当然診察にしても検査にしても費用が発生してしまいますし、ジフルカンの処方は保険が適用されないことから、治療費をみなさんが全額負担しなければいけなくなってしまうのです。

カンジダ症については後ほど説明していきますが、大きな特徴のひとつに「再発しやすい」というものがあります。

そのため、1度治療を済ませたとしても、再発してしまえばまた通院しなければいけなくなります。

通院する回数が増えてしまえば、当然かかる費用もそれに比例して増えてしまうため、みなさんの金銭的な負担は相当大きくなってしまうでしょう。

それに対し、通販サイトを使ってジフルカンをネット注文した場合はどうでしょうか。

ネット上で注文手続きを済ませることができるため、医療機関へ通うことはなくなります。

となれば、必然的に診察も検査も受けなくてよくなるため、それだけでも医療機関からの処方と比べると大幅な節約になるでしょう。

また、ジフルカンそのものの料金に関しても通販サイトの方がかなり安くなっています。

先ほども説明したように、この通販サイトで販売されている医薬品はすべて海外から輸入したものになります。

そのため、価格が海外での販売価格を基準にしているため、日本で処方してもらうよりも安くなっているのです。

この他にも、一定の数量をまとめ買いすることによってさらに安い料金で購入できたり、利用するサイトによっては送料を無料にしてくれていることからより節約できたりと、通販サイトでの注文はみなさんの経済的な負担を相当軽減してくれる購入方法になっています。

とはいえ、いきなり通販サイトを使って医薬品を購入するのにはリスクもあります。

医療に対して何の知識もない人の場合、カンジダ症にかかったからといってすぐ「ジフルカンを購入しよう」という考えにはならないと思います。

仮にジフルカンの存在を知っていたとしても、自身に適した医薬品がジフルカンかどうかの判断は難しいでしょう。

そこで、最初の1回に関しては医療機関で処方してもらい、それ以降は処方してもらった医薬品と同じものを通販サイトで購入するというのがオススメです。

これならみなさんに適した医薬品を確実に購入することができますので、安心してカンジダ症治療を進めることができますよ。

定期的な診察が大切

定期的な診察を勧める女医

カンジダ症の原因となっているカンジダ菌は、女性の体内に常駐しているものです。

そのため、1度治療したからといって完璧にカンジダ菌をなくすことはできません。

カンジダ症は再発の多い病気ですので、定期的な診察が重要になってきます。

1度治療したからといって油断していると、気づかないうちにまた症状が再発・悪化していた……なんてことにもなりかねません。

何度も通院するのは女性のみなさんからすれば面倒かもしれませんが、自身の体のためにもしっかり診察を受けるようにしましょう。

抗真菌薬という医薬品

抗真菌薬とは

抗真菌薬を紹介する医者

先ほども簡単に説明しましたが、ジフルカンは抗真菌薬と呼ばれる医薬品の一種です。

抗真菌薬とは、人体に潜んでいる真菌の成長を止め、殺菌する効果を持った医薬品になります。

農薬として用いられることもあるのですが、真菌症治療に用いられるのが一般的です。

今回紹介しているジフルカンはアゾール系に分類される抗真菌薬なのですが、抗真菌薬には他の種類もあります。

どの抗真菌薬かによって治療できる病気・症状は違うため、それぞれの特徴を抑えておきましょう。

抗真菌薬の種類

ファンギゾン

最初に紹介するのが「ポリエン系抗生物質」と呼ばれるものです。

エルゴステロールという物質が真菌の細胞膜をつくっているのですが、ポリエン系抗生物質はこのエルゴステロールと結合し、細胞膜を破壊する効果を持っています。

殺菌作用は強いのですが、ポリエン系抗生物質の欠点として、人間の細胞膜をつくっているコレステロールにも効果を発揮してしまう点があります。

そのため、副作用が強く、服用時に発熱や寒気を起こすこともあるので注意しましょう。

重度な副作用になってくると腎障害や低カリウム血症を引き起こす可能性もあります。

ファンギゾンやナイスタチンがこのポリエン系抗生物質に分類されています。

次に紹介するのが「フロロピリミジン系」と呼ばれる種類です。

こちらは真菌に含まれているシトシンデアミナーゼによって5-FUという物質に変換し、拡散合成を阻害してくれるはたらきを持っています。

人間の細胞にはシトシンデアミナーゼが少ないため、人体へはそこまで悪影響を与えないと言われています。

アンコチルが代表的なフロロピリミジン系の抗真菌薬になります。

次に紹介するのが「イミダゾール系」と「トリアゾール系」の抗真菌薬です。

両者をあわせて「アゾール系」とも言われるのですが、イミダゾール系は分子内に2つの窒素原子を含むイミダゾール環をもっており、トリアゾール系は3つの窒素原子を含むトリアゾール環をもっています。

どちらもエルゴステロールの合成を阻害する効果を持っています。

ポリエン系よりも副作用が少なくなっているため、比較的安心して使用することができるでしょう。

イミダゾール系の代表的な抗真菌薬はフロリードFとなっており、トリアゾール系の代表的な抗真菌薬は今回紹介しているジフルカンとなります。

最後に紹介するのが「キャンディン系」です。

キャンディン系抗真菌薬は真菌細胞壁の主要な成分を阻害してくれるため、深在性真菌症に効果的だと言われています。

副作用はこちらも少なくなっており、代表的な抗真菌薬はファンガードになっています。

人間が感染する可能性のある真菌症の種類は多いです。

よく知られるカンジダ症や深在性真菌症、マイコトキシン症や表在性真菌症など、その種類によって症状や患部は違います。

今回はカンジダ症について紹介していますが、他の真菌症もおそろしい症状を招く可能性のある病気です。

そのため、これらの真菌症を治療するためには、各真菌症に適した抗真菌薬を使用するのが欠かせません。

とはいえ、いきなり言われてもすぐにこれらの抗真菌薬の特徴や違いを覚えることは難しいかもしれませんが、どんな種類があり、それぞれどの抗真菌薬が代表的なのかを簡単に覚えておくだけでもいざというときに役立つでしょう。

おすすめの記事

カンジダを調べていた女性

ジフルカンはどう作用するのか

カンジダの具体的な症状や、治療薬となるジフルカンがどのように作用し、効果を発揮するのかをご説明いたします。

カンジダ症について説明する女医

カンジダ症の原因はなに?

カンジダの発症原因は性感染だけではありません。体調不良や服用している薬に原因がある場合があります。

カンジダ症のチェックをするOL

予防法を覚えておこう!

カンジダにならないために免疫力を高め予防をしましょう。セルフチェックや予防策について

媚薬なのか疑問に感じている女性

ジフルカンに媚薬効果!?

ジフルカンは媚薬ではありませんが、媚薬似た効果を得ることができます。その内容について